ホノホノひとり旅

気ままにローコストひとり旅*旅行記

スバリスト必食!?スバル最中を買ってみました。

time 2014/11/03

上州太田スバルマラソンついでにスバル最中を買ってきました。

sponsored link

スバル最中とは

太田駅から殺風景な北口に降りて徒歩数分で和菓子店「伊勢屋」さんに到着。群馬県太田市にある富士重工群馬製作所の向かいにあります。

「伊勢屋」さんで売ってるのが「スバル最中」。スバル最中とは、スバル車の形をしたモナカです。

勝手にスバル車のデザインを利用しているわけではもちろんなく、もともとスバル側からの依頼によりつくられたものらしい。誕生は1961年というから、もう半世紀以上の歴史が有る!

スバルの和菓子セットで1000円~


お菓子類は単品でも購入可能でしたが、セットもあったので1000円ほどのセットを買ってみました。包装紙には4代目レガシイのB4が。

レガシィB4の包装紙を破くと、こんどは可愛らしいスバル360のイラストの包装紙が。

箱を開けるとこんな感じ。「スバル最中」「THEスバル」「360焼」の3種類。

伊勢屋さん制作によると思われる「スバルの歩み」。多分3年ぐらい前に印刷されたのでしょう。当時の最新車種が載ってます。

「スバルの歩み」の裏面。スバルの名車が紹介されております。個人的にはバハとか、ブラットとかトライベッカとかも入れて欲しかったかな…。インプレッサWRXの扱いが小さいのも気になる。

レガシイB4の形の最中


こちらがスバル最中です。これも4代目レガシイのB4です。

最中を裏からみたらこんな感じ。不思議ですが両面に顔がある。スバル最中は最初は「スバル360」、次が「レオーネ」の型で、このB4は3代目のデザインだそうです。

スバル最中を割ってみる。アンコぎっしり。まあお味は和菓子屋さんのふつうの最中だと思います。

スバル360焼


こちらはスバル360焼。初代「スバル最中」の型を使ってつくられている焼き菓子。中はピーナツ入りの白あん。

瓦せんべいの「Theスバル」

これは「Theスバル」。これだけネーミングから商品がわからないですが、瓦せんべいです。

包装は2代目レガシィでしたが、せんべいには初代レガシイの焼き印が押されておりました。不思議。

六連星サブレ


最後は六連星サブレ。これはセットの中に入ってなかったので、別に単品買いしました。

サブレなのですが、直接サブレにスバル車がプリントされております。そういうプリントできる機械があるのでしょう。お菓子の世界も進歩があるんのですね。これはエクシーガですが、数種類ある模様です。

というわけで、スバル乗りの人には伊勢屋さんの、スバル菓子類をお土産にすると喜ばれるでしょう。

sponsored link

down

コメントする




2008ホノルルマラソンの旅

2008年ソウル・北京・上海・福岡

2009台北マラソンの旅

2011近畿の旅

2012北海道を走りまくる旅

2012千葉を走りまくり旅

2013台湾・太魯閣ヘの旅

2013式年遷宮の伊勢神宮への旅

2013福岡46日間滞在記

2013飛騨高山ウルトラマラソンの旅



sponsored link

アーカイブ