ホノホノひとり旅

気ままにローコストひとり旅*旅行記

無料で見られる世界遺産、シンガポール植物園を観てきました。


ユネスコの世界遺産に登録されているシンガポール植物園。比較的都心から近い場所にあり、最寄り駅はMRTのボタニカルガーデン駅。人工庭園ですが敷地が広大。南北に長い敷地で、東京ドーム13個分の広さがあります。歴史の方もそれなりにあって日本統治時代も経て160年近くの歴史があります。
“シンガポールの植物園”で検索するとマリーナベイサンズの隣りにあるガーデンズ・ バイ・ザ・ベイが表示されたりしますが、そちらとは無関係です。

最寄り駅はMRTのボタニカルガーデン駅なのですが、まずはオーチャード駅からシンガポール植物園へ向かってみました。オーチャード駅から行くと植物園の南口へたどり着きますので、そこから南北へ突っ切って、北口のそばにあるボタニカルガーデン駅から帰る戦略です。
オーチャード駅から植物園南口までは2km弱。熱帯なので街路樹が大きく育っている。緑豊かな町並みという印象で、町中を散歩しているだけなのにとても癒やされます。

シンガポール植物園南口へ到着。

看板を見てみますと、きちんと2015年にユネスコ世界遺産に登録された旨書かれてました。

園内の遊歩道をどんどん進む。ジョギングや散歩している人が多く、植物園というか広大な公園といった感じ。

植物園内には3つ池があるのですが、まずは一番南にあるスワンレイク。スワンの像のまえで鳩がお休み中。

スワンももちろんいました。餌付けしているようです。

お花も咲いています。たぶんオオゴチョウ

シンガポールの国花「Vanda Miss Joaquim バンダ ミス・ジョアキム」。シンガポールで自然交配で出来た新種の蘭だそうです。


緑深いレインフォレストゾーン。 遠回りになるので行かず。

ちょっとした滝もありました。


ナショナルオーキッドガーデン蘭園ですね。ここは有料です。入園してみても良かったのですが、30分以上かかってまだ植物園の南から1/3ぐらいの位置までしかきてませんでしたので入園せずに先に進むことにしました。この辺りはお土産物屋やレストランもありました。


オーキッドガーデンの北側にはパームガーデン。パームツリーと緑鮮やかな芝生がうつくしい。


野外ステージもありました。


シンフォニーレイク。 池で泳ぐ魚をみながらマッタリ。


熱帯らしい花、ブーゲンビリア。

バンブー並木。


シンガポール植物園は広大です。南から北に突っ切るだけで1時間以上かかりました。園内をまんべんなく見ようとすると3時間ぐらいはかかりそう。のんびり散歩したり、ジョギングしたり、読書したり、昼寝したりするのい良さそうです。ちなみに禁煙、犬の散歩禁止、自転車は禁止だったハズです。

sponsored link

down

コメントする




2008ホノルルマラソンの旅

2008年ソウル・北京・上海・福岡

2009台北マラソンの旅

2011近畿の旅

2012北海道を走りまくる旅

2012千葉を走りまくり旅

2013台湾・太魯閣ヘの旅

2013式年遷宮の伊勢神宮への旅

2013福岡46日間滞在記

2013飛騨高山ウルトラマラソンの旅



sponsored link

アーカイブ